書き逃げドットコム

増田の代わりに

エキゾチックマターはお金の香り

審査ポータルの審査基準が厳しくなってました。

参考: 郵便局すらリジェクトされる渋さ:イングレス de わんこ

現在、郵便局と大規模な駅はポータルになりません。本当に何もない田舎は、完全に不毛の地になるでしょう。

それに加えて、ふさわしくないものは、既存のポータルも削除していく準備が整えられています。

参考: [N] 【Ingress】「中の人」たちが語る地方自治体セミナーまとめ!Googleナイアンティック・ラボ須賀氏「ただの店の看板のようなポータルは粛清予定」

一方、様々な企業コラボが活発になってきました。

などですね。

ここから導き出される結論としては「今後増えていくポータルは原則として企業都合の物になる」と言うことです。

Ingress が利益を生むためには、ポータルの出現を操作して、そこに人を流し、プレイヤーに消費活動をしてもらう事以外あり得ません。あるいは、何か商品のおまけとしてアイテムのコードを渡すことはありますが、Ingressにおけるアイテムは、すべて(最終的には)ポータルまで移動してそこで使うものです。

プレイヤーをコントロールして消費活動へ向かわせるというのは、ポータルの出現をコントロールするという事です。コラボする企業のお店にポータルが出現し、プレイヤーはそこへ向かい、その中の何パーセントかのユーザがお金を落とす。それの繰り返し。最終的にはスキャナからポータルを申請する機能は削除されるでしょう。

とはいえ、一切無料のゲームですから、それを維持するためには何らかのマネタイズが必要で、それをする時期に来たのだな、と言う話。

広告を非表示にする