書き逃げドットコム

増田の代わりに

ツイートがあったので自分が読むために拾う

 

「宮脇さん、それ騙してることになりますよ」

 クリックして「広告でした~」は騙しなのは間違いない

「今時はパケット制限も有るから記事開いてからPR表記を見れば良いだろ論は読者視点では受け入れられないですよ」

 パケット制限を意識して、それを受け入れない読者の割合が十分に少ないと認識しているので、その人達から受け入れられないことに対して「問題ない」と判断してもいいのではと考えている

読者を騙しているかどうか(ガッカリ感)、それをどう扱うのか

 これ。

 単に「読者を騙しているかどうか(ガッカリ感)」をどう扱うのかの話として書く。ギガが減るとかは知らん。

 これも、結局割合の問題でしかなくて「騙された!」「ガッカリした!」と感じる人が十分に少ないのなら、広告を頼む側、出す側の判断として「問題ない」という態度を選択できると思う。つまり、ガッカリ感を受け止めずに投げ捨てるわけである。

 ただそれだけのことを思った。結局はそう感じる人の割合について、それをどのように評価するかという問題であると感じた。

 ここは「ヨッピー熊本記事広告」について思ったことを書く。

 PRと入れることでクリックされなくなるという話について、つまりPRと入れることでクリックされない程度のコンテンツなのだから、PRを抜くのは画面遷移語のガッカリ感を発生させるのでは?という話については、PRを入れない状態のクリック率によって、問題と判断されるくらいにガッカリ感が発生しているとは、僕は思わなかった。つまり、あのコンテンツのクリック率で言うと、PRを入れない案内でのクリック率と、PRを入れる案内でのクリック率があるとするのであれば、PRを入れない案内でのクリック率の方が、コンテンツに対して本来あるべき注目度に近いのでは、と考えた。他の広告記事については考えていない。他のものであればPRを入れないことによるガッカリ感の発生が強いのでは? そのガッカリ感を投げ捨てるのは問題なのでは? と考えることもあったであろう。

 「ヨッピー熊本記事広告」についてはここまで。

 自分の周りでPR抜き広告記事について「ガッカリした!」という声が多いのであれば、それは(私の評価はさておき、これだけの人が不満なのだから)問題だよな~と認識したであろう。ガッカリ感を受け止めて、それが極力発生しないような作法を求めていたであろう。

 以上、「読者を騙しているかどうか(ガッカリ感)」をどう扱うのかの話として書いた。

誰のギガがどれくらい減っているのか

 単に自分がすっきりするためだけに書く。

「無駄な通信を発生させているのは俺だけじゃないだろ、あっちも無駄だしこれも無駄だし、何で広告記事ばっかり文句付けられるのよ」と言う話はだいぶ筋が悪いと思う。他人の話はしてない。記事広告の話をしているのだ。

 パケット制限の読者視点というのは「パケ死を避けたい読者視点」の事だと考えている。つまり、上限以上の通信を行った結果、速度制限が起きることを避けたい読者である。そして、それを心配して月末においては通信があまり発生しないようにしているという行動を取っている者もあるという。

 単に自分の考えとして書く。

 頻繁にパケット制限が発生してしまう読者が、全ユーザからみて10万人に1人程度のものであるなら、その人達にとって通じにくい理屈ではあるが、「開いて通信を発生させてから判断しろ」と、そんなことを言って反発を受けてもも大丈夫であろう。ただ、これが100人に1人になれば、あまり大丈夫と思えない。

 単に、それによって不利益を被る人の割合なのかな、と言う感じがしてきている。厳密なことを言えば一切許容されない話であるが、その許容しない人が1億人に1人であれば、お前は我慢しろと言っても大丈夫であると言う判断ができる。単にマイノリティは無力であるので。

「お前の作っている仕組みは無駄な通信を発生させる」と言われて「そうですね。でも我慢してくださいね」と言い返すことはできる。「無駄な通信」が問題になるのか「無駄な通信を発生させることを我慢しろと強制する」のが問題になるのか、それは当事者の判断である。そして、それぞれの問題発生頻度や程度が十分低いのであれば、問題ないと切り捨てる判断をすることもあろう。

 もし、自分や自分の身の回りの人間がパケ死の起きやすい読者であれば、物凄い勢いで反発し、共感をしていたと思う。しかし、自分や自分の周りの人からそのような話を聞かないため、私の判断においては問題ないのではないか、と思った次第である。

 以上、ギガが減ることについて思ったことである。

 リンク先が実は広告でした~、PRって書くのを省いてこうやらないとみてもらえないんです~ みたいな、コンテンツへのポインタが騙しなのでは? と言う話は考えていない。

「(作り手の意識次第では回避できるのに)通信を発生させないと必要・不必要判断のできないコンテンツをwebに蒔いていいのか?(ギガが減るという視点で)」という話を考えた。

 そして、それはそれによってパケ死の起きる人間の割合次第なのでは? と考えた。つまり その割合が問題と判断されるくらい高いと認識していないので「ギガが減るという視点で考えて、通信を発生させないと有用性の判断のできないコンテンツをwebに蒔いても問題はない」と思った。

 ギガが減るという視点ではなく「時間の無駄」とか「理想的なwebの状態」とか、そういう所で考えた場合は、また別の結論に落ちるかも知れない。

 以上、完全に横道の話。

パケット制限の読者視点とは

 前回のこれ

altavista.hateblo.jp

 について、こんなコメントが来た。

ギガが減ることについてこだわるユーザに対する反証を出せ - 書き逃げドットコム

「月末だと見たいサイトが有っても我慢して見ないようにしている」という実例が発生している時点で「記事広告なんて大した問題じゃない」とは言えるが「開いてから判断しろ」というのは反発されます、という話ですが

2017/06/07 00:44
b.hatena.ne.jp

「月末だと見たいサイトが有っても我慢して見ないようにしている」という実例が発生している時点で「記事広告なんて大した問題じゃない」とは言えるが「開いてから判断しろ」というのは反発されます、という話ですが

 ぶっちゃけ、僕の頭が悪いのでよく分かってない。シナリオが分からない。

 自分の想定した

「月末だと見たいサイトが有っても我慢して見ないようにしている」という実例

 は 月末は月の通信量が契約してるパケット上限に近づくので、上限に達してしまうと今月中は通信速度が低下してしまい、ネットを使うのに支障が出るので、上限に達さないように運用している というシナリオを考えていた。

参考:

www.au.com

 このシナリオにおいて パケットのひとつたりとも通さない所まで厳しいことは言わない。微量な通信であれば許容される(上限に達するリスクがとても低いので) という流れを勝手に想像していたのだが、そのような悠長な話ではなく 上限に達してしまうリスクはどんなに小さくとも可能な限り排除したい という思いであるのなら、確かに、いかなる「開いてから判断しろ」も、パケット制限の読者視点で見ると、許されないものだと思う。

ギガが減ることについてこだわるユーザに対する反証を出せ

yoppymodel.hatenablog.com

 これについて

記事タイトルに「PR」って入れるかどうか問題について - ヨッピーのブログ

私の主張は「宮脇さんはタイトルにPRと入れるとCTR減るし記事のどっかにあれば良いじゃんと書いてるけど。パケット制限の読者視点ではそれ通じにくい理屈だけどそんなこと言って大丈夫?」ですね。

2017/06/06 23:14
b.hatena.ne.jp

 こうなってる。

 これに対してモヒカンへ反論するのなら

https://mstdn.jp/users/otsune/updates/4044246

計測してから、その数値を元に大丈夫かどうかの価値観を表明

 これである。

 例えば、あるキャリアの月の通信が 7GB だとする。

 ギガが減ることについて、そんなのを考えても仕方ないと思っているのなら、PR企画のページへのリンクをタップした際、それがPRページだと書いてあるところまで到達するのに、どれだけの通信が発生するのかを調査するなり見積もったりするなりして、明らかにするべきである。

 その結果、例えば 2KB しか通信が発生しないのであれば

「PR企画を見てもギガが減る事に対して高々0.00003% 程度のインパクトしかないのでパケット制限の読者視点で見ても大丈夫だと思います」

 と、返せるわけである。

 そんなわけで PR を抜いた企画記事について、それが広告だと分かるまでにどれくらい通信が発生するものなのですかね?

ブコメが来たので続けた→

altavista.hateblo.jp

岩田聡の本当の命日、あるいは売り切りモバイルゲームが死んだ日

2012年4月27日(金)決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡

あくまでお客様に提供するクリエイティブなコンテンツを制作したことに対する対価と客様にお金を支払っていただけるようにする」すなわち「構造的に射幸心を煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」ということです。

 これがもう5年前のことである。そしてその3年後に岩田氏は亡くなった。

 そして本日、その任天堂が公式なパブリッシャーとしてリリースしたフリー・トゥ・スタートのスマートデバイス向けアプリ、その中の有料アイテムはこれである。

f:id:Es-dur:20170202231939p:plain:w320

 そして、ゲーム内の宣伝文句は以下の通り。

f:id:Es-dur:20170202232850p:plain:w320

f:id:Es-dur:20170202232910p:plain:w320

 簡単に言うと「今ならキャラの排出確率が上がってるからガチャを回せ」以上のことを言ってない。

 そして、キャラの排出とはこういう確率で行われる。

f:id:Es-dur:20170202235355p:plain

 通常が3%のところ、今は6%になってるという話である。ただレアリティだけの話で見ると。

 これを、特定のキャラ、例えば一番厳しいところで言うとルキナを得ようとすると、通常時は(1-(¾)5)×3×(1/14)=0.16343470982%*1が、0.92613002232%*2になっているという話になる。

簡単にするため、楽観的に書く*3と0.17%が0.93%になるから250円*4払えと言っている。運良く期待値を支払えば出るとしてそろばんをはじくと、0.93%のために250円を払う場合、26880円が相場になる。

 これがクリエイティブなコンテンツを制作したことに対する対価というのか、構造的に射幸心を煽っていないというのか、この額は高額ではないと認識しているのか。

www.nintendo.co.jp

非常にレアなアイテムが手に入るとお客様が心理的にエキサイトするようなゲームの設計をして、お客様がついついボタンを押すと決済に進んでしまい、課金をしてしまうというようなものもあり、一部社会問題になっていると認識しています。ちなみに日本では、非常に収益性が高いと言われているスマートデバイス向けアプリでは、「Free to Start」で遊ばれている人たちの中で実際にお金を支払っている人の割合は非常に小さく、その非常に小さい割合の方がものすごくたくさんお金を払っています。それこそゲーム専用機ハードを何台も買えるような金額を払っているお客様もいらっしゃるぐらいだとお聞きしており

 このような物の売り方をイベントとして続けていった結果「それこそゲーム専用機ハードを何台も買えるような金額」になってしまうのではないか。これ単体で見ても、Nintendo2DSであったら2台は買える。

 長い間、少なくともパブリッシャーとしての任天堂は、射幸心を煽って高額な課金を行う場所へは踏み込まなかった。そして、それは最後まで岩田前社長が貫いた建前でもあった。そして今日、それを最大限に好意的に解釈したとしても、ゲーム内の非常にレアなアイテムとして25000円を設定することは高額ではない、という話になった。

 モバイルゲームは完全に新しい時代を迎えた。岩田前社長が残したひとつの方針は変質し、それは、スマートデバイスにおいては売り切り型ゲームの敗北宣言である。

 モバイルゲームは、ガチャを回すための集金装置となった。売り切り型アプリとそのデベロッパの生き残る道はすべて断たれてしまった。

 2017年2月2日は、岩田聡の本当の命日、あるいは売り切りモバイルゲームが死んだ日である。

*1:5つの召喚石の少なくともひとつ以上が赤色になる確率×★5の排出率×★5の赤に英雄が14人いる

*2:通常時の確率+5つの召喚石の少なくともひとつ以上が赤色になる確率×ピックアップ★5の排出率×ピックアップ★5の赤に英雄が3人いる

*3:すべての確率を切り上げて、すべての支払い額を切り下げて一番効率の良いオーブの使い方をしたとする

*4:オーブ140個が8800円で、召喚石をひとつ使うのに4オーブ消費すると仮定している

本格的にIngressが終わったなと思った

 予測として、こんなエントリを書いても特に誰にも引っかからないはずで、それがまさに終わってることの証明であるのだけど。

 久しぶりにスキャナ起動して色々眺めたんですが、やってるプレイヤーのほとんどが L16(A16) で、見る限り同じプレイヤーの名前しかそこになかった*1。つまり新規プレイヤーもういないって事じゃん。

 一部の廃人だけが残ってる世界。コミュニティの末期感が強かった。

 この状況では商業的なコラボレーションも難しそうだし、ゲーム内の有料アイテムを使うこともなさそう。

*1:ポータルやデプロイされてるレゾネーター、MODの情報で判断しました

風俗に行ける奴らの発想を見た

omocoro.jp

 これ読んだ。本当に酷い。

「2次元最高!」って言ってる人は本当に3次元に興味が無いの?

 これつまりさ「お前は代償行動で現実の女から逃げてるだけだよね」ってのが企画の根底にあるよな。そういう疑問を持った上で人体実験の体でコンテンツを作ってるわけだから。

 なので、それが代償行動であったとしても、あるいはガチで2次元が好きであったとしても、どっちにしても、結論ありきで 「2次元最高!」って言ってる人を馬鹿にしてるネタ でしかないわけです。

 何を表現するのも表明するのも自由なので、それについては好きにすれば、と思いますが「これに同調してる奴は笑顔で孤独な人間をを馬鹿にできる程度の品性の持ち主なんだ」と僕は感じました。

【クリぼっち企画】「2次元最高!」って言ってる人は本当に3次元に興味が無いの?実験してみた | オモコロ

結局のところ、理想が高いってことなのかな?「2次元には理想がいるけど、3次元には理想がいないから2次元に走る」って感じた

2016/12/22 12:16
b.hatena.ne.jp

 何世代前の偏見だよ

【クリぼっち企画】「2次元最高!」って言ってる人は本当に3次元に興味が無いの?実験してみた | オモコロ

3次元の素晴らしいところは、リアクションがあることに尽きる。こちらが何かをした時に、なにかしらリアクションがあることは尊いよ。それが自分の思い通りにならないから、人間関係とは深くて面白いのに。

2016/12/22 13:58
b.hatena.ne.jp

 突然説教を始めることで気持ちよくなってそう